法人登記簿謄本をスマホで
カンタン取得

法人登記簿謄本をスマホでカンタン取得

法務局に行く、面倒な手間・交通費がゼロ!
たった1分ですぐに法人登記簿謄本が
ラクリアで取り寄せできます。

登記簿謄本の郵送​

初回1通
594円
  • ・合計2通以上請求で10%割引
  • ・2通目以降は¥1,078/通
  • ・2 - 3営業日で届く

特急登記情報PDF

即日、オンラインで登記簿謄本の電子データを閲覧したい方に。

特急登記情報PDF

1,408円
  • ・当日中〜翌営業日取得
  • ・メールアドレスにてダウンロード可能

法人登記簿謄本の定期取得

一般的に証明書の有効期間は発行から3ヶ月間です。
定期的に最新の証明証が手元に届く設定をする事で有効期間切れを防ぐ事ができます。

登記簿謄本の郵送

[1ヶ月に1回]
858円
  • ・1ヶ月毎に1回自動郵送
  • ・初回1通は594​円
  • ・合計2通以上請求で10%割引
  • ・次回配送は注文日の30日後

登記簿謄本の郵送​

[3ヶ月に1回]
968円
  • ・3ヶ月毎に1回自動郵送
  • ・初回1通は594円
  • ・合計2通以上請求で10%割引
  • ・次回配送は注文日の90日後

特急登記情報PDF

[1ヶ月に1回]​
1,078円
  • ・1ヶ月毎に1回メールにてPDF送信
  • ・次回取得は注文日の30日後

特急登記情報PDF

[3ヶ月に1回]
1,188円
  • ・3ヶ月毎に1回メールにてPDF送信
  • ・次回取得は注文日の90日後

オンラインから短時間で申請できる

わざわざ法務局まで取りに行くのはなかなか面倒な作業だと思いませんか?ラクリアではオンラインで法人登記簿申請がこちらで可能です。法務局に行く交通費も申請書類を準備する時間も節約できます。

24時間365日いつでも申請できる

窓口の業務取扱時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分までですが、ラクリアでオンライン申請ですと時間を気にせずに法人登記簿謄本の請求が行えます。
平日でも休日でも、どこからでもオンラインで申請できます。

お好きな方法で支払いできる

ラクリア法人登記簿謄本の手数料支払いはクレジットカード、Paypal、銀行振込など多様な方法でご用意しております。

ご利用の流れ

登記簿謄本郵送

01

お申し込みボタンをクリック

お申し込みボタンをクリックして頂き登記事項証明書の種類からご希望の種類をお選びください。

02

郵送先を指定して請求する

郵送先などの情報を入力して、ご希望の支払い方法で手数料を支払ったらラクリア登記簿謄本の申請は完了です。

03

法務局から法人登記簿謄本が届く

法務局から商業登記簿謄本が郵送でお手元に届きます。

特急登記情報PDF

01

お申し込みボタンをクリック

お申し込みボタンをクリックして頂き、 最新登記情報の種類から履歴事項全部を選択してください。

02

郵送先を指定して請求する

法人情報入力を入力して、ご希望の支払い方法で手数料を支払ったらラクリア登記情報PDFの申請は完了です。

03

弊社から特急登記情報PDFファイルが届く

弊社の担当者からお客様のメールアドレスに特急登記情報PDFファイルをお送り致します。

よくある質問

別途費用はかかりません。

収入印紙代・事務手数料込みのお値段です。

2021年4月1日より、商品やサービスの「総額表示」が義務化に伴い、弊社の商品価格はすへて「税込」表示でございます。

登記簿謄本を郵送で請求するプランは、おおよそ2~3営業日で届きます。

届け先には、お好きな住所をご指定いただけます。
職場以外に、ご自宅をご指定いただいても問題ありません。
また、宛名もお届け先に合わせてご指定いただけます。
申込み者とお届け先氏名が異なっていても問題ありません。
登記簿謄本と履歴事項全部証明書は、一般的に同じものを指します。
登記簿謄本(履歴事項全部証明書)が必要なときは法人口座の開設や賃貸契約、融資を受ける際などです。
会社における“戸籍“のようなもので、会社の名前、本店の住所、設立年月日、事業目的、資本金など、会社に関する基本的かつ重要な事項が記載されています。 登記簿謄本の提出が求められる場合、 履歴事項全部証明書を指すことが一般的です。
法務局で取得できる登記事項証明書は以下の4種類です。

  • 履歴事項全部証明書 | 登記の履歴すべての情報が記載されている
  • 現在事項証明書   | 現在効力がある登記事項のみが記載されている
  • 代表者事項証明書  | 代表者に関する内容のみが記載されている
  • 閉鎖事項証明書   | 閉鎖した登記記録に記録されている内容が記載されている

登記簿謄本の提出が求められる場合、 履歴事項全部証明書を指すことが一般的です。
請求する法務局は全国どの法務局でも構いません。つまり、本店が大阪で登記されている会社の登記簿謄本を東京の法務局で取得することができます。
ですが、法務局まで直接行って請求するのでは、時間も人件費も交通費もかかります。オンライン申請を利用することで時間やコストを大幅に削減することができます。
迷惑メール防止機能により弊社からのメールが迷惑メールと間違えられている場合があります。
迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられている可能性がありますので、一度ご確認頂きますようお願い致します。
注文完了後、入力頂いたメールアドレスにて注文完了メールが届きます。メールが届いてない場合は、 迷惑メール防止機能により弊社からのメールが迷惑メールと間違えられている場合があります。 迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられている可能性がありますので、一度ご確認頂きますようお願い致します。

ラクリアでは、数千円に及ぶ法人登記簿謄本取得の手間を大幅に削減できます!